« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2003年10月20日

検査の結果

午後4時くらいに、奥さんはまた病室から歩いて検査に向かいました。私はとりあえず多目的ホールで待つことに。多目的ホールで15分ほど待っていると、奥さんのお父さんとお母さんが来てくれました。

二人に今の奥さんの状況などを話しながら検査から戻ってくるのを待ちました。でもいつもなら15分くらいで戻るのに、今回はなかなか戻ってきません。ちょっと心配になってナースステーションの前まで行くと看護婦さんに呼び止められました。毎日の血液検査の結果が良くない方向に向かっていること、最終的な結果を見て今日帝王切開を行うかもしれないこと、説明を受けた奥さんがショックを受けていることを告げられました。

多目的ホールで待っている奥さんの両親にも先ほどの件を話してあげて、さらに待ちました。私は落ち着かないのでまたナースステーションの前でウロウロしてみます。すると看護婦さんから声を掛けられ、陣痛室で奥さんに会えるとのこと。早速その陣痛室に行くと、部屋の隅の狭いベッドで、横になった奥さんが泣いていました。普通分娩で産めないことにショックを受けているようです。なんとも言えない気分で自分まで泣きそうになりましたが、「大丈夫、大丈夫」と励まします。

多目的ホールで待つ奥さんの両親に会ってもらいました。ここは本来、分娩前の妊婦さんが出産直前の陣痛に絶える部屋のようです。カーテン向こうから旦那さんと「ヒッヒッフ~」と例の呼吸法で陣痛に耐えている妊婦さんの声が聞こえます。そんな周りの状況もあって泣いてしまったのでしょう。悲しいことです。

私は別の部屋で院長先生から、先ほど看護婦さんから聞いた内容の詳しい説明を受けていました。そしてやはり検査の結果が良くないので、今日帝王切開をすると聞かされました。その場で手術の同意書にサインをします。奥さんが自分でサインをする場所もありましたが、こちらはまだ記入されていませんでした。

多目的ホールに戻り、奥さんの両親に帝王切開が決まったことを話しました。陣痛室の奥さんは泣いていましたが、私やご両親としては、母子の無事を考えれば帝王切開には賛成でした。とにかくこれで今日中に生まれることは確実になったわけです。手術は外来の診察が終わる午後5時半から。

手術が始まる直前、看護婦さんから分娩室にいる奥さんと会うことができるとの嬉しい知らせが。奥さんのお父さんは一旦自宅に戻ったので、分娩室には私とお母さんの二人で入りました。

2003年10月20日 17:20|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/22

この日記へのトラックバック一覧