« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2003年11月12日

T-Noteの返信にホスト名を表示1

今朝、私が勤める会社で管理するサイトの常連さんから、掲示板によからぬ書き込みがあるとの報告がありました。確認してみると、確かによからぬ書き込みが。しかもひとこと返信で。

というわけで早速その良からぬ書き込みは削除したのですが、その2時間後には、違う文面で同じような内容をまたひとこと返信で書き込まれてしまいました。カッチィイーン!!

問題の掲示板はMyTools.NETさんのT-Noteをベースにしています。見た目は相当イジってますが、機能的には全く同じ。ちなみこのCGI、親記事の書き込み主のホスト名取得はできますが、ひとこと返信で書き込まれるとホスト名を取得できません。ひとこと返信の書き込みにもホスト名を取得させるべく、私は掲示板の改造を始めたのです。

その改造方法を以下に書き留めておきます。自分のためだけじゃなくて、同じような思いをしてる掲示板の管理者のためにも。あ、ちなみに私はプログラマーでもなんでもないです。どっちかっていうとプログラム苦手なので、難しい質問はご遠慮ください(^^;

さらに、ひとこと返信のホスト名はT-Note側の設定では表示・非表示を切り替えられません。切り替える場合は、次のページを参考にして、CGIのソースを直接編集して下さい。

----------------------------------------------------------

1.はじめに
お約束ですが、以下の改造をしたことによるいかなる被害に関しても、当方は一切関知しません。個人の責任の持てる範囲でご利用下さい。また、改造するファイルは必ずバックアップをとることを強くすすめます。


2.T-Noteを初めてインストールする場合
初めてのインストールの場合は簡単です。あらかじめ改造済みのソースを用意したので、それをMyTools.NETさんの説明書に従ってインストールします。

2-1. こちらのソースから knote.cgi をダウンロードする(右クリックで『対象をファイルに保存』)。

2-2. ダウンロードしたファイルの名前を"tnote.cgi"に変更する。

2-3. MyTools.NETさんの『掲示板CGI T-Note Ver.4.04 説明書』の『インストール方法』を参考にして、先ほどダウンロードした"t-note.cgi"の設定をする。

2-4. それ以外のファイルについても『掲示板CGI T-Note Ver.4.04 説明書』に従ってダウンロードや転送、パーミッションの設定などを行う。

2-5. 親記事を投稿してから、そのひとこと返信を書き込んで確認してみる。ひとこと返信のホスト名はこんな感じで表示される。

運用中のT-Noteにこの機能を追加する場合はコチラ »

2003年11月12日 12:04|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

Good site! My site about Kasinos
Casino Deutschland [url=http://groups.google.de/group/deutsches/web/casino-deutschland]Casino Deutschland[/url]
Online Zocken [url=http://groups.google.de/group/deutsches/web/online-zocken]Online Zocken[/url]

End ^)

From:Internet Kasinos (2008年03月24日 21:22)

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/49

この日記へのトラックバック一覧