« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2003年11月16日

久しぶりにGreco

兄に借りていたノートパソコンを返すため実家に行ったので、ついでに昔使っていたグレコのセミアコを持ち帰ってきました。10年ぶりくらいに触るので、弦を交換してみたのですが…。

あ、もちろん今日も実家でBMXの練習しました。今日もいつものように『マニュアル』というコギなしでフロントを上げる技の練習です。頭のなかで「後ろに体重移動して、ハンドルを前を押し出し、一気に伸び上がる」と念じて何度もトライしてたらかな~り上達しました。

たまに2秒くらいフロントが浮いたときなんてもうヌレヌレですよ、ホント(^^; でも調子に乗って狂ったようにフロントアップしてたら、フォークに思いっきりヒザをぶつけて、そこで今日の練習は終わりとなりました。体は大事にしないとね。もう父親ですから。

さて、問題のグレコは下の写真を見て分かるとおり赤っぽいオレンジです。これは私が高校生のときに若気の至りでやってしまった自家塗装です(^^; 今見ると非常に雑でいい加減。なんかスゴイもったいなことしたかも。コレやったのはとてもとても寒い冬の夜だったのですが、そのせいで塗料がうまく伸びず、表面がザラザラの鮫肌状態です。

それはさておき、早速弦の張替えです。コレは10年ぶり。もともと張ってあった弦は伸び伸びのサビサビでした。このギターは全ての弦を外すとブリッジが自由に動いてしまいます。仕方がないので、もう一本のレスポールのナットからブリッジまでをメジャーで計り、その寸法でグレコのブリッジの位置決めをしました。こんなんでいいのかな?

いやあ、さすがにセミアコ。音がデカい。アパートじゃ生音でも十分近所迷惑です。チューニングしようと思い、チューナーをシールドで繋いで初めて気がつきました。このギター、電気系のどこかが断線してるらしくジャックまで音の信号が来てません。ん~、残念。まあいいや。実はすでに次のキターも考えているので、それを買ったらヤフオクにでも出品してしまおう。

あ、ここを見てる人でこのグレコが欲しいという人はメール下さいね。詳細も書いておきます。

Greco FA-67-75
定価は7万5千円でした。
ボディのトップだけが赤っぽいオレンジに(小汚く)塗ってあります。その他電気系が断線していてアンプでは鳴らせません。欠品はないので、部品取りなどにどうぞ。価格はジャンクとしてなので、5000円から。ジャンクですのでノークレームノーリターンです(^^; その他、気になるところがあれば写真を撮って説明などします。

こんな感じかな?アンプ使わなければ問題ないので、とりあえずしばらくの間コレ使うことにしました。owakenさんのギタ練行くにしても、レスポールじゃ全然音聞こえないしね。もちろんこのグレコでもアコギには音量勝てないだろうなあ。

2003年11月16日 17:53|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/56

この日記へのトラックバック一覧