« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2003年11月22日

小旅行

というわけで予定どおりN市のハードオフを目指して愛車の熊出没注意号で出発しました。実家からN市までは約50kmありますが、熊出没注意号はあまりスピードが出ないので高速は使えません。とりあえず国道をチンタラチンタラ走ることに。

国道を走る以外にも信号の少ない堤防道路を使うというテもありますが、ソコはスピードが出やすいためにネズミ捕りもやってるというワナ。やっぱり国道をチンタラ走ります。でも国道にも大きなワナが。国道が2車線になるあたりから交差点に白バイがひそんでます。白バイは微妙な黄色信号通過を「ハイィ~信号無視ネ」と難癖を付け、国家権力をちらつかせながら青い紙きれを売りつけようとします。コレ注意。っていうか過去にこの辺りですでにそんな経験アリ(恥)。

さて無事にN市に到着し、いつも通りN駅の地下の駐車場に熊出没注意号を停めました。まずはデカい本屋から。ここではMovableTypeの本を立ち読み、っていうかソファでくつろぎ読み。でもどの本もWEBで探せる以上のことは載っておらず、ちょっと残念。ああ、でもアレですよ、新たにMovableType始めるという人は買っておいて損はないです。<なんかとりつくろってる?

で、次はお楽しみのハードオフ。ココすごい久しぶりです。前回来たときはギターなんてまるで興味がなかったけど、あらためて店の中を見ると確かに楽器コーナーも充実してる。結構マニアックなギターもあるなあ。マニアックっつっても私のレベルだからOvationとかGibsonとかだけどね<それってむしろメジャーなギター

たまたまGibsonのレスポールのゴールドトップがあったんでよ~く見たら、塗装の感じが私のTokaiのレスポールと全然違うことに気がつきました。メタリックのフレークがすごい細かいのね、Gibsonって。なんかこっちの方が高級そうに見えるな。まあ実際そうなんだけど。

本命のジャンクコーナーの方はサッパリ。エフェクターもジャンク以外は3000円くらいのしかなくて、こんなんじゃ買う気も起きないヨ。このN市のハードオフは他の店と比べて小さいかもしれない。店長らしきオッサンもダミ声でアヤシサ全開。コワイヨー。ああ、そういえばこの辺りに昔Octpus Armyがあったっけ。今は駐車場になっちゃったけど…。高校の頃はよく来てたなあ、電車乗って。ロケンロールなグッズや服がたくさんあって(昔を懐かしむ遠い目で以下略)。

ハードオフでも何も買わずに店を出て、一旦は熊出没注意号のところに戻ろうとするものの、思いなおしてagainというビルに入る。ココ私のお気に入りです。特に3階か4階あたりの家具屋。欲しいものがいっぱいあります。ココではなにも買ったことないけど。今日は地下のコム・サ・ナントカという生活雑貨の店でステンレスのハンガーやキッチン用品を購入。ココ安くてスキ。

againを出るとなんか寒い。急いで駐車場に戻り熊出没注意号に乗って帰路につきます。帰りも当然国道。白バイは確かにあちこちの交差点で私の信号無視を狙ってる。ガクガクブルブル。普段だったらイっちゃう微妙な黄色信号(つまりは赤信号)も、急ブレーキ寸前の無理ブレーキでキッチリ止まります。

帰りはちょっと寄り道。見晴らしのイイところまで一気に駆け上がって撮ったのがこの一枚

最後に、いたるところで話題の…なんだっけ?ヲタビット?に行ってみました。ラオックスU店の1階の3分の1くらいのスペースがヲタ向けのオモチャ屋みたいなことになってます。一時期この辺りのオモチャ屋さんガンガン潰れていきましたが、これでU市のヲタの皆さんもひと安心ですね。まあ私はあまり興味ありませんが。私はどっちかいうと、大人のオモチャの方が(以下自主規制)。

っと、ココでちょっと懐かしい人と会いました。最近懐かしい人と会ってばっかだな。2年ぶりくらいかな?私よりも2つか3つ年上の女性ですが、履いてたジャージのパンツがオシャレなのか、それとも部屋着なのかちょっと微妙な感じ。オシャレのつもりで履いてたとしても部屋着に見えたってことは黙っておきました(^^; この人、お友達のデジカメ購入に付き合ってたそうで、そのお友達にはヤマダ電機に行くことをすすめておきました。ラオックスの皆さんゴミンナサイ。

実家に戻ったのは4時半くらい。姪がまた品のない歌を教えてくれます。それからアルプス一万尺も。アルプス一万尺があんなにうまくできるのに、なんで自転車は未だに補助輪が(以下略)。

ああ、今日はスゴイ書いたな、ダラダラと。ホントに日記みたい。

2003年11月22日 20:15|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/66

この日記へのトラックバック一覧