« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2003年11月28日

デスクトップミュージシャン誕生

今日もMIDI関係の話題。いまだに音質のショボさは気になりますが、明日のコムロックを目指して、とりあえずシーケンスソフトの選定をしました。

っとその前に、まず私のやりたいことを書いておいた方が良いですね。ギタレンズにはベーシストとドラマーがいないので、

・ボーカルとギターは普通にMTRで録音。
・ベースとドラム(その他のパーカッションも含む)は私が打ち込み。
・自宅のPCも会社のPCも音源がショボいので、打ち込みのトラックは別のDTMマシンからWAV形式で書き出し。
・そのため互換性のあるsmf形式で書き出せるMIDI編集ソフトが必要。
・さらに録音したギターとボーカルのトラックを、MIDIで組んだ打ち込みトラックと合成できる。
・できればそれぞれのトラックを五線譜でプリントアウトできる。
・できれば安くあげたい(^^;

こんなトコですね。YAMAHAやRolandの高機能DTMシーケンサーを使えば良いのでしょうが、そんな金は私にはありません(^^; アノ辺高いですよね~。3万くらいだったかな?とてもじゃないが買えない。というワケで上の条件を参考に、おなじみのベクターで探しました。んで、ありました<早いナ(^^;

Music Studio Independenceというアプリなんですが、3,500円のシェアウェアです。シェアといっても

> 正式登録するのにふさわしいと判断された場合、
> MSIを実際の制作に使用される場合のみ送金して
> ください。

という作者さんのイカす心意気が感じられるアプリです。つまり、お試し状態で使う分には送金しなくても良いということ。こういうのってほんとスゴイと思います。でも使う側としても本気で試さないと失礼ですね。

というわけで早速今日から試してます。たまたまアパートにStreet Slidersのバンドスコアがあったので、譜面を見てベースのトラックを打ち込んでみたのですが楽しくて楽しくて仕方がありません。まさにコムロック気分。打ち込みバンザイ!!でも音質のショボさは相変わらず。PCが原因なんだろうけどね (^^;

操作の点でもイマイチ分からないところがありますね。まあ使ってくウチにどうにかなるでしょう。まだ使い始めて1日目ですし。DTMのアプリケーションって、そのアプリごとに独特な操作感があるらしいので、コレ!と決めたらとにかく使い倒すの良いらしいです。

ああそうそう、このアプリについては、コチラを参考に。それから残念ながらこのアプリでは五線譜のプリントアウトができないみたいですね。バージョンアップに期待です。

2003年11月28日 20:59|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

何かどっかで見たことあるインターフェースだなや…違うソフトだけど、似たようなのがうちにあるかも。

From:M (2003年11月28日 23:10)

な、なんだってー!!(AA略)

とりあえずタダでいただけるものならよろこんで受け取りますヨ(^^; あ、それからshuuの誕生一ヶ月を祝して、DTM関係の書籍のご寄付も受け付けてますからネ。

From:kazuo (2003年11月29日 06:19)

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/73

この日記へのトラックバック一覧