« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2003年11月29日

ドラムパートを打ち込んでみた

ハイ、昨日に引き続き自宅でDTMごっこしてます。今日なんてDTMごっこがあまりにも楽しみで、7時前には夕飯食べ始めたくらいですから。んで昨日はベースをチョロっと打ち込んでみたので、今日はドラムをやってみました。

おっとその前に、ここで私の音楽的知識について書いておきます。

一応中学のとき、イヤイヤながらも吹奏楽部に3年間入ってました。2年生の後半からホルンのパートリーダーをしてたワケですが、このときも譜面は全く読めませんでした。ウ~ン、パートリーダーが譜面を読めないのでは恥ずかしいですねえ。っていうか問題だなあ。

で、そんな恥ずかしいパートリーダーの私はどうしたのかというと、当時ファミコンの代わりに親に買ってもらったMSXというパソコンで部活でやる曲を打ち込んで、自分達のパートのメロディを確認してたのです。スゴイ!!打ち込みのパイオニア!!…そうでもないナ、その前からYMOとかいたし。

その後中学を卒業した私は高校に入学したのですが、そこでは芸術は書道・音楽・美術の3教科から選択する仕組みになっており、私は3年間美術を選択してました。音楽は全く採らずに。彫刻刀でオルゴール箱作ったの懐かしいなぁ…。

というわけで、全く譜面読めません。ウ~ン…全くってワケでもないか。音符と休符の長さ(四分音符とか八分休符とか)とト音記号の五線譜の音階くらいは分かるかな?ただ楽譜を見たからといって、そのメロディが頭に浮かぶということはナイです。<コレ重要!!

簡単に言うと、今でもほとんど譜面が読めないということですね。そんな私がMIDIにチャレンジしようとしているわけですよ。でも今はインターネットで調べればほとんどのことが分かるので、自分ではあんまり心配してないですけどね。

前置きはこの辺して、上でも書いたように今日はドラムパートの入力をしようと思ったのですが、昨日から使い始めたMusic Studio Independenceのドラムパートの入力が仕方がイマイチ理解できずに、挫折しました。<早いナ、オイ

で、今度はコレ、Cherryというシーケンサーを使ってみることに。コッチは音符での入力ができないのですが、ドラムパートの入力では問題ありません。ただし、ココでも私のPCの音源のショボさが気になります。あっさりドラムパート二小節の入力を終えたあと、喜びいさんで再生したらズッコケそうになりました。

ハモネプの…ホラ…ぽっくん?じゃなくて…あっくん?そうそうおっくんネ。知ってますヨ~。そのおっくんがクチでやるドラムみたいなんだよね。ハイハットを『プシーーン!!』みたいな。ソレ、一応聞いてみますか?そうですか、聞きますか。

ベース+ドラム4小節分→

MIDIファイルなので音がショボいのは、残念ですがお使いのPCの音源がショボいと思って下さい(^^;

今日使ったアプリは五線譜ではなくピアノ風の鍵盤での入力なので、私にとってはかなり難しい作業なのですが楽しいので頑張りますヨ。それにベースやドラムってある程度パターン決まってるしネ。

この練習のMIDIファイルが出来上がったところで、設備が整った場所に持ち込んでイイ音源でWAV出力してみます。MIDIに慣れたらYAMAHAとかの高いアプリも使ってみたいなあ。

2003年11月29日 22:18|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/74

この日記へのトラックバック一覧