« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2003年12月04日

打ち込みドラムの覚え書き

先週からひたすらDTMやMIDIについて調べてるんですが、ここら辺でちょっとまとめておこうと思います。まずはリズムの要、ドラムの打ち込みについての注意点など。

っと、その前に。私の目指すものを書いておきます。

基本的には私が好きな音楽のジャンルは、ロックです。ロックなら洋楽・邦楽もどちらも聞きます。例としてあげれば洋楽ならエアロスミス、邦楽ならグレイプバインってところ。もちろん、他にもいろいろ聴くけどね。最近は結構重い感じの音が好きかな?

ただコレ系のアーティストっぽく、つまりナマっぽいドラムにするには相当難しいらしい。ホントの人間がドラムを叩いてるように聞こえないといけないからね。譜面にドラムの各音色を振ってくだけじゃ、機械臭くて気持ち悪いらしい。

んじゃ、気をつける点とその理由をいくつか。

同じ音色でも場所によって強弱を変えてやる
コレはまあ当然と言えば当然。人間だったら常に同じ強さで叩くなんて不可能。もちろん意識的に強弱を付けて叩くこともあるしね。ちなみに強弱をつけるには『ベロシティ』の値を変更します。

拍のアタマにピッタリ合わせないで、ちょっとタイミングを外してやる
コレもナマっぽさを出すには重要。人間だったらタイミングが微妙にズレるのは当たり前。例えばクラッシュを叩いたあとのスネアは、腕の移動距離が長いからタイミングが遅れ気味になる、とかそういうこと。

楽器によって左右のバランスをずらしてあげる
これも考えてみれば分かるよね。向かって左端にあるライド(背の高いシンバル)だったら左側のスピーカー寄りで聞こえてきて欲しいモノ。目を閉じて聴いたときに、それぞれの楽器の位置が思い浮かぶような感じってことかな?コレは『パン』の値で設定。

ここまでがドラム打ち込みの注意点基本編ってところかなあ?まだまだ知識不足だから足りない部分もありそうだけどね。あとは叩いてる部屋とかホールの感じを出すためにリバーブをかけたりとか、エフェクト的なこともあるみたいです。

でもインターネットってホント便利だなあ。インターネットがなかったら、こんな知識身に付けるだけでもどれだけの時間が掛かるんだろう?ただ、リアルな音を追求するにはやっぱり本物を見ることも大事なんだろうな。しばらくはライブだのコンサートなんて行けないだろうけど。

2003年12月04日 20:50|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

フラムは2発目を強めで。
音ネタはドラムフロムヘルやローランドの拡張ボードのドラムのやつクラスでないと
聴けたもんじゃないと思います。
HDRソフトでソフトサンプラー等で打ち込んでミキシングやエフェクト等も
各音ごとにパラで処理。
などなど大変です。

From:しょういちメトロン (2004年03月12日 03:12)

コンニチハ!!しょういちメトロンさん。
“フラムは2発目を強めで”覚えておきます。
って最近は子育てに忙しくてMIDIもサッパリなんですよね~。
ドラムの音源は漠然と『アコギに合うような音』を探しているところです。素朴な感じとでもいうのかなあ?
機材は自分で揃えるとアリ地獄にハマりそうなので、MIDIデータだけは自分のPCで、あとの処理は国や市のマルチメディア系施設を利用しようと思ってます。
またツッコミあればガシガシお願いします!

From:kazuo (2004年03月12日 09:07)

実は私今年で35になります。DTM暦も長いですがバンド主体に考えていますのでいかにしてリアルなドラムを自宅でつくるかを探求してきました。
ローランドのボードもDFHも使っておりますが、やはり私のほうから合わせてやらないといけない部分が多すぎて最終的には製品の出来には関心しても飽きてしまいます。
そこでとっておきの情報なんですが
http://member.nifty.ne.jp/~dani/D-Sound/SampleCD.html
ここのCDを買ってみたんです。
私はDTMでパンクやら3ピースもののギターポップを製作してるので非常に気に入りました。
kazuoさんのアコギに合うという意味ではまさしくばっちりなのではないでしょうか。
しかも低価格なのががうれしいです。
かなりおすすめですよ。

音の印象派正直DFHの高級スタジオ、クローズマイク録りにはかないませんが、すべての回り込みを許したサウンドなのでスタジオやライブで聴くあの音が再現できます。
バスドラのハードヒットにはスネアのスナッピー音が入っていますし、
ビーター押し付けなのか、オープンヒットなのかも表現できます。
ジャズものやピュアアコースティクものにも対応できる音です。
ぜひ、HPのサンプルを聴いてみてください。
おそらく某巨大掲示板のDTM板でも話題にはなっていないくらいローカルな製品です。
ヤフーで偶然ここにたどりついたんですが、これを見つけた喜びをお伝えしたくて長文すみません。
つーか、もう知ってましたらごめんなさい(笑)

From:しょういちメトロン (2004年05月25日 13:02)

こんにちは、しょういちメトロンさん!!お久しぶりです。
リアルさを追い求めると、やっぱりサンプリング音源って重要ですね。
かといって自分でドラムの音を録るなんて到底ムリなので、こういう情報は非常にありがたいです。
あとでサンプルも聞いてみますね。
 
今まで子育てやら仕事で忙しかったのですが、実はそろそろ本腰入れて音楽活動しようと企んでます。
最初はライブから(!)、でカタチに残せるものがいくつかできたら、ドラムやベースの入った作品作りもしてみたいですね。
なんて、一体いつになることやら(^^;

From:kazuo (2004年05月25日 14:06)

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/79

この日記へのトラックバック一覧