« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2003年12月28日

ログハウスにお出掛け

shuu68日目
今日は奥さんの友達のJさんのお宅にご挨拶に行ってきました。Jさんのお宅はこのあたりでも珍しいログハウスです。私もログハウスには憧れがあるので、前日から楽しみにしていたのです。

Jさん夫婦は私たちと同年代。1歳の娘さんがいて、この子の誕生日はshuuとは一日違いです。Jさんちのだんなさんも言ってましたが、shuuとは364日早く生まれたってワケです。こういう場合、どうしても『ウチの子も一年後にはこんなふうになるのかあ』っていう風に見ちゃいますよね。スミマセン(^^;

Jさんちの娘さんはすでにしっかり歩いていて、小さな子どもがいる家によくあるような柵が設置されてました。この柵は旦那さんお手製のもので、ログハウスにマッチしてました。自分で作ったものが似合う家って憧れです。

Jさんの娘はまだ人見知りをするらしく、私たちの姿を見て泣いてました。とりあえず私は子どもに評判の悪い黒縁のメガネを外すことに。実はこのメガネ、すでに二人の子ども達から泣かれています(^^;

さて、子どもがいる親達が集まると、どうしても子育てが話しの中心になりますね。この日の話題も双方の子どもの様子などでした。それによると、ウチのshuuはまだまだラクな子どもらしい。夜中の2時くらいに寝ると、朝9時過ぎまで起きませんからね。このくらいの子どもだと、夜中でも3時間ごと起きるのが普通みたいですね。

Jさんからはワケありのベビージムを頂きました。このベビージム、同じようなものを自分達で購入したあとで、お知り合いからプレゼントされたものだそうです。そのお知り合いにも事情を説明してあるそうなので、喜んでもらうことにしました。

それからベビーシッターと呼ばれる、こんな形のイスもお借りしました。子どもが自分で揺らすことができるので、ちょっとした用事があるときも、子どもをコレに座らせておけば大丈夫だということです。Jさんに感謝!そしていろんな人たちから祝ってもらえる私たちもホントに嬉しいです。

Jさんちにいたのはホンの30分あまりでしたが、ログハウスの居心地も温かくてとても気持ちのよいものでした。こんな家で育つ子どもは幸せだよなあ。将来建てるであろう私たちのウチはどんなのにしようかな?形やタイプはどうあれ、子どもや家族が幸せになれる家を作ろう。なぁshuu、父ちゃんオマエが幸せになれるような家を作ってやっからナ。

2003年12月28日 23:11|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/106

この日記へのトラックバック一覧