« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2004年02月11日

セミナー反省会

今日は以前から準備していたカスケードスタイルシート(CSS)のセミナーでした。というわけでCSSセミナーの一人反省会です。

今回のセミナーの講師は、私たちの団体の代表でもあるTakeuchiくん。それにkodaさんと私がアシスタントとして受講者のサポートをするという形です。セミナーは一応15人という枠で募集したんですが、どうやらこのセミナーは大人気らしく、最終的に18人にまで受講者が増えました。

私もたまにセミナーの講師を務めたりするんですが、他の人が講師のセミナーを見るのは久しぶりです。私自身、セミナーのときは『ここはどう話せばいいんだろ?』と迷うこともあるので、セミナーの時間中気が付いたことをメモしておきました。んじゃまずはそのメモをもとに細かいところから。

1.人数が多すぎて、アシスタントスタッフの手が廻らない可能性があった
これは受講者がPCを操作する時間が少なかったため、実際には何事もなく進行しました。PCを操作する時間が長いセミナーだったら、アシスタント2人というのはキビシかったかもしれません。

2.ディスプレイ上で見るHTML形式のテキストのため、運営側でメモ用紙を用意する必要があった
今回も前回と同じくHTML形式でテキストを作ったのですが、なんの事前説明もないため、ノートやメモ用紙を持ってきていない人が数人いました。次回は告知文にひとこと付け加えたいですね。

3.CSSファイルの属性が多すぎて、『ココの○○の・・・』と講師が指しても、その箇所を見つけられない人がいた
20代、30代であれば大した苦労もなく目的の箇所を見つけられるのでしょうが、今回のセミナーには50歳代の人も数人いて、さすがにその人たちはシンドそうでした。『このでぃぶほーむみだし(div#home-midashiという表記)の箇所の…』と言っても、その年代の人たちには伝わりにくいよな~。何かもっとわかりやすくなるような対策をするべきでした。

4.プロジェクターに映されるテキストエディタの文字が、一番遠い席からだとほとんど見えなかった
受講者は講師のPC操作をプロジェクターのスクリーンで見るのですが、そのスクリーンから一番離れた席からは、ほとんど文字が判別できませんでした。途中で講師用PCの文字サイズを変えたりもしてみましたが…。『見えない人はご自由に前に出てきて下さい』とかアナウンスするべきだったかな、と今になって思います。

5.会場の入り口に『飲食物の持ち込み禁止』、『携帯電話の電源はオフ、またはマナーモードに』と張り紙をしておくべきだった
今はどのオフィスでも勤務中に飲み物を飲むくらいは当たり前ですからね~。でもセミナールームでは原則飲食禁止なんですよ~。それからやっぱ講義中に携帯の呼び出し音が鳴ると一瞬、一瞬なんですが止まりますね。受講者の方も忘れてるだけだと思うんですが。

6.参加資格を厳密に決めなかったために、受講者のレベルの幅が広くなってしまった
CSSについてある程度予備知識のある方から、HTMLを要素をこのセミナーで初めて知ったという方まで、参加者のレベルがとっても幅広くなっちゃいました。ただ、私個人としてはどんなレベルの受講者でも楽しんでもらえるセミナーを目標としてます。参加資格なんて参加者自身で判断するものだしネ。まあそんな感じ。

7.用語を詳しく説明する『用語辞典的なものが欲しかった』との意見アリ
これも次回以降のセミナーで考えていかなくちゃなあ。でも基本的には用語辞典なんていらないテキスト作りができればいいんだよね。受講者の側に立って、専門用語は注釈入れておくとか、分かりやすい例え話で説明するとか。普段仕事で専門用語を当たり前に使ってると、こういうことをつい忘れがち。

8.Macで作られたCSSファイルの改行がCR+LFでないため、PCでは全く改行されてないCSSファイルとなってしまった
これは確認ミス。本番前に全てのファイルに目を通しておくのは、実際の仕事でも大事なことだからね。これも忘れないようにしないと。

さて、全般的な感想としては前回同様内容が多すぎました。これは最初に私の作ったサンプルが沢山の要素や属性を使っていたために、それらを全て説明しなければならなかったからです。もっと簡単なサンプルだったら受講者も余裕があったかもしれません。

それでも10分オーバーで無事セミナーを終わらせたTakeuchiくんはサスガです。前回の講師を務めた私は1時間オーバーだったからね(^^; そんなお得なセミナー聞いたことナイ。

ともかく、受講者が幸せになれるセミナーというのは、少し笑えたり、『へえ~』と思うことがあったり、今まで分からなかったことを理解できたり、そんなモンだと私は思ってます。それから余裕があるというのも大事かも。少し気を抜いててもすぐに追いつけるとかね。そういうセミナーを目指してこれからも頑張りたいですね。

え~と、長くなったのでこの続きはまた次回。次は私の手元にあるアンケートの内容とかにも目を向けてみたいと思います。んじゃ。

2004年02月11日 23:34|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/154

この日記へのトラックバック一覧