« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2004年03月01日

病院に行ってきました

shuu132日目
今日は娘のshuuを病院に連れて行きました。shuuの股関節は『開排制限』という開きにくい状態なので、リーメンビューゲルという装具を体に付けて治療するのです。先週の金曜日に初めて訪れた総合病院の整形外科で月曜日、つまり今日その装具を作ると言われていたのです。

で、結果から言いますと、今日はshuuの体の寸法を測ってオシマイでした。リーメンビューゲルは患者の体に合わせて一つ一つ作るんだそうで、それが出来上がるのは来週の月曜日とのこと。つまりリーメンビューゲルの装着は来週の月曜です。なんだか拍子抜けでした。

病院には午前11時に着くように行ったんですが、それまで私は会社で仕事をしていました。shuuのことを考えるたびにまた涙が出そうでしたが、もう覚悟はしていたつもりです。でもまあ考えてみれば当たり前かもしれません。いくら同じ病気を治すための装具といっても赤ん坊の体型なんて様々ですから。

というわけで今日はイヤなことが一週間先送りになった、だけでありませんでした。shuuを連れて行った総合病院の整形外科には、同じ治療を受けている子どもたちが何人かいました。もちろん彼らもリーメンビューゲルを付けていましたが、私が想像していたものよりも遥かに目立たないものでした。ズボンの裾からチョロッと見えるくらいです。

もっとトンデモない装具を想像していた私は、それを見ただけで安心しました。また、shuuの体の寸法を測ってくれた技師の方曰く、『たいしたことない』とのこと。もちろん技師の方は医者ではないんですが、私は『たいしたことない(治療だろう)』と受け取りました。

残念ながら今日は医師による診察はなかったのですが、だいぶ気分が軽くなりました。同時にこれからの治療に対する覚悟も決めました。診察が終わってアパートに戻り、奥さんと昼食を摂りました。奥さんも安心しているようです。shuuは帰りの車の中で寝てしまい、アパートに戻ってもそのまま寝ていました。

奥さんと少し話をしていると、寝ていたshuuが目覚めてニコニコ笑いかけてくれました。最近は表情も豊かになってきて、声をかけるだけで笑うことも良くあります。会社に戻って、午後からの仕事は鼻歌まじりでした。

2004年03月01日 23:08|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/174

この日記へのトラックバック一覧