« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2004年04月06日

また病院に行ってきたヨ~

shuu168日目【リーメンビューゲル装着30日目】
午後5時半、いつものごとく夕飯を摂るのと娘のshuuを風呂に入れるために、会社から一旦アパートに戻ろうとしたところ、奥さんから電話がありました。『今朝話してた個人病院でshuuは診てもらえそう?』と。あ(^^; 病院に問い合わせするのスッカリ忘れてた…。

今朝奥さんと私は、しばらくshuuの様子をみて、これ以上ひどくなったら私が何度か行ったことのある個人病院に連れて行こう、と話していました。でも電話の向こうの奥さんは、なんだか今すぐにでもshuuを病院に連れて行きたそうです。曰く、朝よりも目ヤニがひどくなって、目の回りが少し赤くなってきている、と。

電話するよりも直接行って確認したほうが手っ取り早いので、私はすぐにその個人病院に向かいました。会社から病院までは歩いて3分とかかりません。さすがにもう閉まってるよなあ、と思いつつ病院まで来てみると…まだ診察時間内でした(^^;

スゴイなあ、この病院。6時までやってるなんて。歯医者みたいだ。早速受付で『スイマセン~。ちょっとお聞きしますが…』と、生後6ヶ月の娘の目の状態を告げると、この病院でshuuを診てもらえるとのこと。ナイス!!

で、『明日朝イチの予約はできますか?』と尋ねると、6時までに受付すれば診察できるから、受付表に名前書いてサッサと娘を連れて来い!(もちろん意訳ですよ)と言います。ウ~ン、なんか熱いものを感じますねえ。

それまでは明日の朝イチで病院に連れてこようと思ってたんですが、早いほうがいいかな?と思い直し、早速受付を済ませて奥さんに連絡しておきました。

アパートに戻るとすでにshuuは外出の準備ができています。shuuの眼の状態は…、ヤッパリ今日診てもらった方がいいネ(^^; 急いで奥さんとshuuを車に乗せて、でも運転はゆっくりで再び病院に向かいます。shuuは開排制限の治療のための装具を着けてるので、ベビーシートに乗せられないんですよ。

病院に着くと、現在のshuuの状態を問診票に記入します。受付の人が気を遣ってくれて、それまで待っていた人よりも順番を先にしてくれたので、ほとんど待つことなく診てもらえました。いやいやホント、スミマセンスミマセン。受付してくれた人と順番を快く譲ってくれた方に感謝です。アリガトウ!!

奥さんとshuuが診察室に入っているあいだ、私は中待合で待っていました。私も何度か診てもらった院長先生が、shuuの眼の状態と治療方法を話しているのがかすかに聞こえます。診察自体は10分も掛かりませんでしたが、奥さんはホッとした表情でshuuを抱っこして出てきました。

先生の話では、目に入ったゴミが原因で、バイ菌が鼻涙管(涙が流れ、吸収されていく道)を詰まらせてしまってるとのこと。そのために、涙がうまく排出されずに目ヤニが出ている、と。さらにshuuは結膜炎にもなりかけていたようです。とりあえずは妙な病気じゃなくて良かった(^^;

3分もしないうちに名前を呼ばれて、受付で飲み薬と目薬をもらって会計を済ませました。それにしても早いなあ。病院に着いてからまだ30分くらいしか経ってない。総合病院じゃ考えられない早さだヨ。

帰りの車の中、奥さんもあの病院が気に入ったようで、『これからshuuはあそこで診てもらおう』と言ってました。でしょうでしょう、そうでしょう!!院長先生がとても人当たりのよい方で、ホントに『町のお医者さん』という感じです。

でもホント、この個人病院はすごく患者に優しい病院です。先生だけじゃなくて、そこで働く人たちもみんな優しいです。本当はそれが当たり前なのかもしれないけどね。総合病院だと、『患者』じゃなくて『お客』扱いされてる気がするんだよなあ。ハハッ、また総合病院批判だ(^^;

アパートに戻って飲み薬を与えて、お風呂に入れてから目薬を点してやりました。ドロッとしてるので、目頭に一滴チョコッと垂らしてまばたきさせます。この目薬はとても効いたようで、しばらくしたら目ヤニが少なくなりました。

この飲み薬と目薬は3日分もらってあるので、これで治らなければまた同じ病院で診てもらいます。でもこの調子ならすぐに治りそうだ。良かった良かった。それにしてもshuu、この日以来毎週病院に行ってるんだナ。まあ、しっかり治そう。目も、脚も。

2004年04月06日 22:36|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/210

この日記へのトラックバック一覧