« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2004年04月12日

またまた病院に行ってきたヨ~

shuu174日目【リーメンビューゲル装着36日目】
娘のshuuは、股関節の開きが悪い『開排制限』という状態のため、リーメンビューゲルという装具を付けて治療をしています。リーメンビューゲルを付けて一ヶ月以上経ちますが、今日は2週間ぶりの整形外科の診察がありました。

前回の診察では、『次回の診察の結果次第で、少しの時間なら装具を外して遊ばせることできるかも』と言われてました。なのでチョット期待していたんですが、まだ左側の脚の開きが足りないので、もう2週間様子を見ることになりました。ま、仕方ないネ。

関節の治療は時間が掛かるのでしょう。焦って中途半端に治すより、長い目で見てシッカリ治す方が良いに決まってます。私もインターネットで他の治療例などを調べまくったので、開排制限の治療にどれくらい時間が掛かるかは大体分かっているつもりです。

幸いなことに、shuu本人は装具を付けていることにそれほど違和感を感じてるワケでもなさそうです。でもお風呂に入れる前に装具を外してやると、それだけで満面の笑みを浮かべて喜んでいます。ワキ腹にコチョコチョなんてしようものなら、声を出して笑います。やっぱ装具なんて付いてない方が気持ちイイんだろうネ。

それに最近暖かくなってきて、体のいろんなトコロに影響が(^^; 具体的には足の臭い(以下略)。さらにこれ以上暑くなると、シャツ一枚しか着せられないので装具が丸見えになっちゃってチョット可哀相です。イヤshuu本人は全く気にしてないでしょうけどネ。

で、次回は2週間後の4月26日が診察日です。この日はレントゲンも撮ることになっているそうです。そのレントゲンで何を判断するのかは、相変わらず説明がなかったようですが。あのダメ医者はホンットに…(以下略)。

2004年04月12日 23:49|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/216

この日記へのトラックバック一覧