« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2004年06月04日

あの事件を親として考える

娘の写真shuu227日目【リーメンビューゲル装着89日目】
あの事件について、私なりにいろいろと考えてみました。娘のshuuを事件に巻き込まないために、親の私にできることは何なのか、を。

イキナリ結論から書いてしまうと、どんなことでも話せる良好な親子関係を築いておくのが、一番なのかな?と思います。でもコレが一番難しいんでしょうねえ。小学校6年っていったら、『父親を避ける娘』なんて珍しくないでしょうし。

…常日頃から娘の話をよく聞いてあげたり、頭ごなしに叱り付けたりしないってのが、大事なのかなあ?父親歴7ヶ月半の私にはあまりにも難しい問題です。

でも、ほんの些細な悩みでも、例えば『○○ちゃんに掲示板を荒らされた』ということを子どもから聞いていれば、親として何かアドバイスができたんじゃないかと思います。私なら『モニター越しの言葉なんて気にするべきじゃない』みたいなことを時間をかけて説明するかなあ?

それから、人間関係についても親がフォローすべきかもしれませんね。ムカつく相手に何かする場合でも、いきなり刃物持ち出すんじゃなくて、あとで仲直りしたときに笑い話で済む程度にとどめておくべき、とか。

例えばBMXでマニュアルしたまま相手の背中に突っ込むとか、ギター片手に相手をディスる歌を学校の放送室からお送りしちゃうとか、そんな西海岸風のアレで。ソレが西海岸風かは微妙ですが、とにかく子どもは限度を知らないので注意が必要です。

人間関係の上手な作り方って大人にとっても難しい問題です。でも子どもが人間関係で悩んでたら、親が具体的にこうしなさいああしないさい、って教えてあげるのもいいんじゃないかと思います。そういうことの積み重ねで上手に人間関係を築けるようになるのならば。

上でも書きましたが、私は親としてまだまだ未熟です。なのであの事件以来、毎日悶々と考えるばかりです。でもあの事件のような、というかあらゆる事件から娘のshuuを守るために、これからも考えていこうと思ってます。我ながら今日もまとまりがなくてアレですが(^^;

2004年06月04日 22:29|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/272

この日記へのトラックバック一覧