« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2004年06月23日

リーメンビューゲルが外れたら…

娘の写真shuu245日目【リーメンビューゲル装着108日目】
明日は娘のshuuを総合病院の整形外科に連れて行きます。開排制限の治療のために付けていたリーメンビューゲルが、いよいよ明日外せるかもしれません。私たち家族にとって、明日はそんな特別な日なのです。

前回の診察では、『次の診察で問題なければリーメンビューゲルを外しましょう』ということを担当の医師から言われました。ここでいう“問題”というのは、股関節の開きが以前より悪くなったとか、やっぱりよく見たら脱臼していた、とかそういうことなんだと思います。

股関節の開きに関しては素人目に見てもオッケー。また以前何度かレントゲン撮影をした結果、shuuは脱臼もしていないそうです。というわけですでに私の中では、明日でリーメンビューゲルはフィニッシュ!今日はその前夜祭だヨ!くらいの感じです(^^;

そこで明日リーメンビューゲルを外せるとして、具体的にどんなイイことがあるのかまとめてみました。

・お風呂上がりに改めてリーメンビューゲルを付けなくてもよい
・ムレ防止のために履かせている靴下をもう履かせなくてもよい
・ベビーシートにラクに乗せられる
・ベビーカーに乗せられる
・たぶんハイハイがもっと上手になる
・とにかくウレシイ

こんなトコです。最後のはまあアレですね。全部ひっくるめてそういうことです(^^; ただし、ココまで書いておいて結局明日の診察では外せなかった…ということになったらですが、そしたらまた1ヶ月間頑張るだけです。shuuの長い人生の中の、ホンの1ヶ月間ですから。それに一番頑張ってるのはshuu本人だしネ。でも、明日が楽しみだ。

2004年06月23日 21:22|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/292

この日記へのトラックバック一覧