« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2004年10月05日

パンを手に持たせて食べさせてみました

娘の写真shuu 11ヶ月目
娘のshuuの離乳食はそろそろ最終段階。食パンくらいならそのまま食べさせることができます。というわけで、今朝はshuuの手にパンを持たせてみました。

写真を見ても分かるように豪快にかぶりついてます(笑) なかなかワイルドですね。でもバナナを与えたときのように、一度口の中に入れたものをまた出して確認、なんてことはありません。わりとパクパク食べてくれます。パンなのでポロポロこぼしたとしても後片付けが簡単です。

今までの離乳食は奥さん(たまーに私もですが…)がスプーンで与えていたので、このように自分で食べられるようになるとかなりラクです。shuuが食べているあいだに自分たちの食事もできるし。

離乳食というと気合いの入るお母さんもいるかもしれませんが、こうやってパンを子どもの手で持たせて食べさせることもアレです、決して手抜きじゃないです(笑) イヤイヤホントに。子どもだっていずれは自分で食べるようになるワケだし、朝食にパン、っていうのはオカシイことじゃないしね。

何を食べさせるか?ってことよりも、食べ物を粗末にしないとか、食事ができることの幸せとか、そんなものをshuuには教えてやりたいと思ってます。だからって私のように一人になるとカップラーメンとかレトルトばかり食べるようになっちゃったら困るけど(^^;

2004年10月05日 21:16|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/407

この日記へのトラックバック一覧