« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2004年12月31日

大晦日

娘の写真

今年最後の今日、私は娘のshuuの尋常ではない泣き声で目覚めました。寝ぼけた頭で「アレ?奥さんはどうしたんだろう?」と考えながら泣き声のする方向に行ってみると、トイレのドアの前でshuuが泣いています。ああ、奥さんがトイレに入っちゃったから寂しかったのか、とshuuを抱き上げて居間に戻ろうとすると、トイレの中から「おーい、ちょっとー、開けてよー」と奥さんの声。

見るとトイレのドアの前の棚が少しズレて、そのためにトイレのドアが開かなくなっている模様。あ、そういうことだったのか、と納得しました。棚は樹脂製の軽いものなので、多分shuuがモノを取り出したりして遊んでいるうちにズレてしまったのでしょう。奥さんはトイレから出たくても棚のせいでドアが開かないので出られず、shuuは奥さんがいつまでもたってもトイレから出てこないので号泣していた、ということらしい。

あとで奥さんに聞くと、自力でドアを開けようと3分ほど頑張っていたようです。今回はたまたま私がアパートにいたからいいけど、そうでなかったら結構悲惨なことになってたかもしれないなあ。室内とはいえ、我が家のトイレは暖房もないごく普通のトイレなので。

奥さんも「これからトイレに入るときは、shuuを居間に閉じ込めておこう」と言ってました。トイレもそうだけど、ちょっとベランダに出るなんてときも気をつけたほうがいいね。子どもが窓の鍵をイジってるうちに偶然鍵がかかってしまい、締め出されてしまうということもよくあるらしいので。

って全然大晦日っぽくない日記だったナ。私たち家族にとっても、そして皆さんにとっても、来年も良い年でありますように。

2004年12月31日 21:58|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/495

この日記へのトラックバック一覧