« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2005年02月04日

昼寝不足

娘の写真

奥さんの実家にいるあいだに、娘のshuuはお昼寝を一日に一度しかしなくなりました。それまでは午前と午後の2回お昼寝をしていたのに。そのせいか、昨日も今日も風呂に入る前から眠そうにグズり始めて、風呂から上がるときにはすでに泣いていて、ミルクを飲みながら寝てしまいました。

親としてはラクなんですけどね。夕飯も9時前には食べ終えることができるし、私も奥さんもそれぞれ自分の時間が持てるし。ただ、「明日の朝は何時に起きるんだろう?」っていう恐怖にも似た思いを拭い去ることができません。朝までグッスリ寝てくれナ、shuu。

今日のひとこと

愛知のイトヨの事件ですけど、容疑者の責任能力以前に、ああいう人間を出所させた側の責任ってのはどうなんでしょうか?決まった期間服役すればそれで終わりなワケ?

2005年02月04日 22:02|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

事件を知ってほんと驚きました。酷いとしか言葉が出てきません。子を持つ親として安心して暮らせる平和な世の中になってと願うしかありません。
でも昨日イトヨの専務さんだかが話をしていましたが、警備員を増やすとかは出来るが、ホントにどうやって防げば良いのか。マスコミはすぐに起きた場所(企業とか会社)を攻めるが、何か事件が起きると、すざましく事細かに、「どこで何を仕入れて、どこ行って、いつ、どういう方法でやったか」を一方的に伝えるのみ。(奈良の小学校1年女児の事件でも、犯人の部屋の中はどうなっていて、凶器は何で、どうやってどうした等々)これが次の事件のヒントになったりはしていないか。「報道の自由」を「報道局の自由(勝手に)」と、はき違えているように思えてならない。
学校の勉強(読み書きそろばん、有名学校入学等々)も大切だけれどもそれよりもっともっと優先的に大切な事(命とは、生きるとは。人を傷つけるとは等々)を、親や学校や社会が教えて(自分たちも学んで)いかなければいけないのではないだろうか。そう、当然行っているとは思うけど刑務所などであっても。などと考えるのは自分だけなのだろうか。

From:にじ (2005年02月05日 16:41)

こういう事件が起こるたびに、私はそれこそ年寄りしか住んでないような過疎の村にでも引っ越したくなります。争い事のない平和な場所に。もしかしたらそんな場所、もうこの国にはないかもしれませんが。

私が幼い頃は日本が一番治安のよい国だ、みたいに言われてたと思います。確かに平和だったと思うんだけど…。なんでこの国はこんなふうになっちゃったんでしょうか。

不良外国人の流入、情報の氾濫、若者が希望を持てない未来…。原因はたくさんあると思うけど、とにかく早いところこの国をどうにかしないといけません。

でないと私たちの子どもたちが大人になる頃には、欧米のように一人では暗い夜道を歩けないような国になりそうです。すでに日本の都市部ではそんな感じでしょうけど。

せっかく家族で出掛けても、周りに危険人物がいないか気にしてばかりとか、スーパーやデパートではたくさんの制服姿のガードマンが威圧的に歩いてるとか、そんな社会では楽しくないです。

勉強より大事なことは確かにありますね。数字として計れないような、例えば優しさだとか思いやりだとか。今の日本はそういうのが足りない気がします。もっと考えていかないといけませんね。次の世代のためにも。

From:kazuo (2005年02月05日 22:45)

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/531

この日記へのトラックバック一覧