« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2005年04月06日

『幼児期にテレビを見過ぎるといじめっ子になりやすい』の調査結果について

 [シカゴ 4日 ロイター] 4歳時にテレビを見過ぎた幼児は学齢期に達した段階でいじめっ子になりやすいという調査結果が4日、米国で発表された。

 一方、親が子どもに本を読み聞かせたり、外で遊ばせたりして普通に接した場合、いじめっ子になりにくいとしている。

 ワシントン大学の研究グループは、母親がいじめを観察した1266人の4歳児が6―11歳になったときのデータを調査。テレビの視聴時間や外遊び、読書、親子の対話などを調べた結果、約13%がいじめっ子と判断された。

 研究グループによると、いじめは肥満と共にテレビの見過ぎから起きる否定的な結果という。テレビ視聴を制限すれば子どもがいじめに走るリスクも軽減されるとしている。

Yahoo!ニュースより

娘の写真

この記事だけでは「テレビを見過ぎるとなぜいじめっ子になるのか?」ってことがサッパリ分かりませんね。調査結果から導き出した短絡的な結論としか思えません。そのあたりのことはYahoo!ニュース的にはどうでもよかったんだろうか?

娘のshuuにとってテレビは必要なものではないです。全く必要ない。私も積極的にテレビを見せようとは思いません。ただ、テレビが子どもに与える影響うんぬんよりも、子どもをテレビに集中させてしまうと、そのあいだ誰ともコミュニケーションをとれなくなることのほうが問題かな、と思います。私はshuuにテレビを見せる時間があるなら、そのぶんshuuと遊んであげたいです。

以前も書いたようにテレビでは子どもは育ちません。子どもは人が育てて初めて人になるのです。お、なんかイイこと言った!!まあ『そんなのたまにしか育児に参加しない父親の意見だ』と言う意見もあると思いますが。どうしても子どもにかまってられないときだってあるでしょう。

というわけで子どもにはテレビを見せ過ぎないようにしましょう。実はウチの奥さんも夕飯の準備のあいだはshuuに教育テレビを見せてます。でもそれ以上にshuuと遊んだり本を読んであげたりしてるしね。子どもにテレビを見せてほったらかし、ってのは絶対によくない。

今日のひとこと

銭金の名倉と満里奈の結婚報告見ました。うん、見てるコッチが恥ずかしくなったワ。

2005年04月06日 23:15|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

正論ですよね…。でもやっぱり外で働いて子供と接する時間が短いお父さんには書いて欲しくない文章だったかなぁ、とも思ってしまいます。せめて子供と2週間くらいほとんど外出なしで二人きりでになった、くらいの後で書いて欲しかった文章ですね。喧嘩売ってる訳ではないんですが。でもどうしても一言言いたくなってしまいました。すいません。奥様は本当に偉いと思います。

From:通りすがり (2005年04月07日 20:57)

いえいえ、私は自分のことは棚に上げて理想ばかりのダメな父親ですから。
なので、お母さんの視点からゴキンゴキンにツッコミ入れてもらってオーケーです。
本音を言えば、自分でもこれは理想だと思ってるんです。
昔と違って核家族の世帯や働くお母さんも増えてますしね。

子どもと接する時間は私にとっては大事なものでも、ウチの奥さんや世のお母さんたちからしてみればそれは日常です。
しかもお母さんの立場としては、「シンドイからちょっと代わって」なんて言えないでしょう。
それは十分分かってます。

ちなみにウチの奥さんも冬のあいだは寒いのでほとんど外出できなかったみたいです。
そんなときって子どもも抱っこをせがんだり、機嫌が悪くなったりでシンドイですよね。
ええ、それも分かってます。

分かってるんだけど、やっぱりテレビに夢中になってる娘の後ろ姿を見ると、「コレじゃイカン!!」って思ってしまうのです。
「shuu!!もうオシマイだ!!ギター弾くぞ!!」なんて言いながらテレビ消したり。

でもね、通りすがりサン、そんなことが気になってる私たちはまだまだ余裕があるのかもしれません。
子どもが3人、4人になったらもうそんなこと気にしてられないでしょう。
兄弟・姉妹がいたら、テレビとの付き合い方もまた違うかもしれませんけどね。
テレビアニメをネタに兄弟同士で「ごっこ遊び」ができたりとか。

おっと、また長々と書いてしまった。
子どもの問題だけに、親としてはどうしても真剣になっちゃいますよね。
でもそれでよいのだと思います。
というわけで通りすがりさん、これからも通りすぎずにヒマなときにはツッコミヨロシクお願いします!!

From:kazuo (2005年04月07日 22:21)

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/596

この日記へのトラックバック一覧