« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2005年05月12日

衝動的に上條淳士のマンガをまとめ買いした

娘の写真shuu 一歳6ヶ月

某ウェブログ、っていうか会社の昼休みに見てたトコロなのでどのウェブログなのか失念しただけなんだけど、そこで上條淳士のマンガ「Sex」が全巻発売されていることを知りました。上條淳士の代表作は「To-y」という作品ですかね。

「SEX」は私が中学から高校生の頃に読んでいたヤングサンデーに連載されていた作品です。舞台は沖縄や福生、横須賀という「基地のある街」。ここで3人の若者によって繰り広げられる(以下略)…的なストーリーです。うんそれ略しすぎ。

この上條淳士という人は作品自体は素晴らしいものの、連載が途中でストップしたり単行本が出なかったりとファン泣かせなマンガ家です。あ、ちなみに私は全然マンガに詳しくないです。ヤングサンデーを読んでたときでも、自分で買った単行本なんてこの「SEX」くらいのものです。

で、「SEX」という作品も単行本が2巻までは出たものの、それ以降は出ることがありませんでした。それが10年以上前の話。で、前述の某ウェブログで去年あたりから「SEX」の単行本が出ていることを知り、迷わずAmazonでポチポチ注文してしまいました。全7巻を。第6巻だけ在庫がないらしいので2回に分けて届くようですが、今からすんげー楽しみです。

上條淳士の何がそんなに好きかっていうと、私の場合は彼の描く絵の「線」です。きれいな「線」を描くマンガ家は結構いるかもしれないけど、上條淳士は彫刻刀で彫ったような線を描きます。使ってるペンが他のマンガ家と違うんだろうか?

私はこの上條淳士の線に影響を受けまくってしまい、服飾の学校に行ってたときなんてデザイン画の画風がまんま上條淳士でした。デザイン画なのに1枚描くのに3時間とかかけちゃったり。そんなだからファッションデザイナーになれなかったんだろうか。笑い。

それから私は中学くらいのときから福生という街、例えば「米軍ハウス」だとか「国道16号線」だとか「飛行機の音」に妙な憧れがあったので、そこが舞台だったということも私にとって大きな魅力でした。

と、うだうだ書いてるうちにAmazonから発送完了のお知らせが。わーいわーい。Amazonグッジョブ!!そういえば今日の日記は育児と全然関係なかった。あとマンガのタイトルに「SEX」ってあるんだけど、いわゆる「ニャンニャン」のほうじゃなくて“性別”のことなので、そのあたり勘違い禁止で。

参考リンク:ヤンサンWEB(第一巻目の第一話がPDFで読めます)

2005年05月12日 22:00|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ども、YSJッス。

良しきた早速突っ込んじゃおう!
kazuoちゃん、ニャンニャンって、貴方立派なオヤジですわよ。

ハイそしてごめんなさい。
上條某についてはまったく知りません。

ではでは。

From:YSJ (2005年05月13日 19:22)

ども、YSJ!!

ってそこにツッコミかよっ!!
それでも「SEX」って書いてあったらアッチ方面しか思い浮かばないのが哀しい日本人のサガですね。ねー。
最近はあえて死語を使うようにしてます。
もうしばらくしたら「夜の営み」とか使い始めるよ。「交わり」とか。

それにしてもマンガ方面詳しそうなYSJが上條淳士を知らないとは…。
ま、私が思うよりずっとマイナーなマンガ家なのかな?

あとついでなので書きますが、上條淳士と横尾忠則を足して2で割ったような画風のデザイン画でなんかの賞をもらったことがあります。
“なんか”ってナニよ!!

From:kazuo (2005年05月13日 23:06)

ども!KNJッス!いや、owakenです!

上條淳士は良いよね!
漫画家といえば「ゆでたまご」くらいしか思い浮かばないほどマンガに疎い私ですが、「To-y」は全巻買いました。哀川陽司サイコー。確か上條淳士は、数年前に吉川晃司のCDジャケットのイラストも描いてるハズです。

で、私の中ではkazuoチャンといえば、上條淳士が思い浮かぶよ。そのくらいハマってたよね?
ノートなどにkazuoチャンが描いていた落書きは、まさに“上條淳士”でした。

懐かしいな。

ではでは。

From:owaken (2005年05月14日 11:43)

オス!!UNKです。つまりウンコです。いやウンコじゃないです。

ゆでたまご古っ!!哀川陽司古っ!!上條淳士はマンガ以外でもチョコチョコ仕事してたみたいですね。河合塾の広告とか、整髪料か何かの広告でも上條淳士のイラストが使われてました。もっとガンバレ上條!!恒彦!!

そうそう、高校のときowakenが書いた誰かの顔の落書き、アレすごかったワ。ホントにクリソツで。あのときowakenは誰を書いてたんだったかなー。担任の高畑だったっけ?アレ見て「あーこの人モノホンだワ」って思いました。

それから今日たまたま聞いてたラジオでルー大柴が「シクヨロ」って使ってて、最初は「あ、パクられた!」とか思ったんだけど、でも許します。っていうかむしろルー大柴みたいなオッサンを目指そうか、と。

そのためにはまず腹を中年太り風にしないとなー。なんかトシとるごとにガリガリになってって、今じゃアンガールズのどっちか並みです。それはまあウソなんだけども。

でも上條淳士のように、やりたいときにしか仕事しないっていうのは理想のオッサン像です。なんて無理矢理つなげてみる。

From:kazuo (2005年05月15日 01:32)

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/633

この日記へのトラックバック一覧