« 前の日記次の日記 »

日記の本文

2005年08月15日

リヤスピーカーの配線を引き直し

カローラIIのオーディオを外した写真今日もカローラIIイジリ。リヤトレイにスピーカーを増設すべく、リヤスピーカー用の配線はどこかと車内を探し回ったんですが、結局見つけることができませんでした。というわけで自分でリヤスピーカーの配線を引き直すことにしました。

スピーカーケーブルの写真ホームセンターでいろいろと買い込んできました。コレはスピーカーケーブル。1m210円(税込み)で、12m買いました。もう少し細いほうが作業性がよかったかもしれないです。

ギボシ端子とカプラーの写真それからコッチはギボシ端子とカプラー。クルマイジリの強い味方、エーモンの製品です。

ケーブルにギボシ端子を取り付けた写真まずはスピーカーケーブルの片方にギボシ端子を取り付けます。でも圧着ペンチがないので、この作業が死ぬほど面倒。結局普通のペンチで無理矢理付けました。

パネルを外した写真さて、カローラIIのオーディオパネルを外しましょう。AT車の場合は「シフトロック解除」のボタンを押しながらシフトレバーを操作すると、エンジンを切った状態でもシフトレバーを「L」の位置まで下げられます。こうすると作業しやすいです。

この車種の場合、オーディオパネルはクリップだけで固定されています。まずは下側をこじって浮かすと2つのクリップが外れます。上は3つのツメがあるだけなので、パネルの下を手前側に持ち上げるようにするとパネルが外れます。

余談ですが、この作業はなるべく温かい日に行ったほうがよいでしょう。私はマイナス10度の寒い日にこの手の作業をして、ツメをいくつか破損したことがあります。寒い日はパーツも硬くなるので、無理できないのかもしれません。

リヤシートを外した写真次はギボシ端子を取り付けたスピーカーケーブルを、トランクからオーディオ裏まで引いていきます。ギボシ端子はオーディオ裏側にくるようにしました。リヤシートを外したり、

スカッフプレートを外した写真スカッフプレートを外したり、

キックプレートを外した写真運転席足元のキックパネルをちょっとズラしてケーブルを見えない場所に隠したりしながら引きました。リヤシートの下から小銭を発見してチョット得した気分。

スピーカーケーブルとオーディオを接続した写真ケーブルをオーディオ裏まで引っ張ってきたら、オーディオと接続します。この作業はオーディオの種類やもともとの接続方法によって変わってくるでしょう。ここまでくればあと少し。この段階でスピーカーを取り付けて、音が出るか確認してもよいでしょう。

スピーカーケーブルにカプラーを取り付けた写真私の場合は、スピーカーケーブルのリヤトレイ側終端に写真のようにカプラーを取り付けました。これでリヤトレイにスピーカーを設置したとしても、リヤトレイごと取り外すことができます。

カプラー同士を接続した写真もう一方のカプラーには左右それぞれのスピーカーにつながるケーブルを取り付けました。写真はカプラー同士を接続したものです。これで作業は完了。お疲れさまでした。

えーと、リヤ用のスピーカーはまだ用意できてません。なので今日の作業はここまでですが、一応確認のために小さなスピーカーを取り付けてみました。問題なく音が出てひと安心。早くリヤ用のスピーカーも取り付けて、4スピーカーで聴きたくなりました。

あと、この作業はホント面倒です。たぶんトランクのどこかにリヤスピーカー用の配線が来てるハズなので、ディーラーで確認してみることをオススメします。もともとの配線をそのまま使うのが一番手っ取り早い。でもこの時期はディーラー休みなんだよナ。あとヒマだからやる気になったってのもあるけど。

とりあえずカローラIIイジリも今日までです。明日は私のお盆休み最終日なので、少しノンビリしようと思います。ヤフオクでリヤ用スピーカーを物色しながら。

2005年08月15日 23:00|SAITO, Kazuo

« 前の日記HOME次の日記 »

この日記へのツッコミ

ツッコミはお気軽に

名前とアドレスをクッキーに記憶させますか? 

トラックバックもお気軽に

このページのトラックバック用URL

http://saito-kazuo.pupu.jp/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/728

この日記へのトラックバック一覧